Category : 騙されないために必要な知識

信頼できる業者の電話勧誘はあり得ない

家にいると、さまざまな勧誘電話が掛かってきますよね。保険だったり、投資だったり、はたまた不用品回収だったりすることでしょう。勧誘電話は特定の企業にとっては、営業を取るための貴重な手段ですが、本当に信頼できる業者は電話勧誘を行っていないことも知っておきましょう。

勧誘電話を掛けてくる会社は経営が苦しい

勧誘電話を掛ける必要がある会社とは、どんな会社だと思いますか。通常、営業は自らの体を使って仕事を取ってくるものでしょう。もしくは、すでに昔からの付き合いで仕事が回ってきたり紹介が紹介を呼んで仕事が新しく入ったりすることもありますよね。

つまり、一般の会社ではあまり勧誘電話を掛ける必要が無いのです。むしろ、勧誘電話を掛けることで顧客から敬遠されることをわかっているからでしょう。自分がしつこい勧誘電話を受けた場合、電話を掛けてきた会社のことを好きにはなれませんからね。

ではなぜ、勧誘電話を掛ける必要があるのかというと、経営が苦しいことが多いからです。なんとかして電話で契約を取りたい、取らなければならない事情があるのでしょう。そのため、やや強引な口調で電話を掛けてくる会社もあります。でも、まともな会社は掛けなくても経営に困らないので、そもそも掛けてくる可能性が低いことを覚えておくと良いでしょう。

勧誘電話に親切に対応する必要は無い

さて、皆さんのお宅に掛かってきた勧誘電話には、親切に対応する必要はありません。親切に話を聞いてしまうと、この客は押せば営業が取れると思われてしまいます。すると、見込客リストに載せられてしまう可能性もあります。見込客リストに載ると、もっとしつこい勧誘の対象になってしまうので、注意してください。

では、どのように対応すれば良いかということですよね。勧誘電話には、やや低めの声でゆっくりと対応することが効果的だと言われます。低めのゆっくりした声は、落ち着いているイメージになり、さらに人によっては怖い印象を与えることができます。

勧誘電話を掛けてくる相手は、皆さんの反応によって態度を変えてくることもあるでしょう。最もいけないのは、あたふたしている様子や優柔不断な態度を伝えてしまうことです。堂々と、必要の無いものは必要が無いと突っぱねるようにしてくださいね。電話口の態度は、冷静にかつきっぱりとすることが大切です。

勧誘電話がひどいときは記録を取って相談を

いくら断っても、勧誘電話がたびたび掛かってくることもあるでしょう。また、脅迫のように強い口調で購入や加入を強制するように話されることもありますよね。でも、勧誘電話がひどいときは、第三者に入ってもらうと良いですよ。

たとえば、女性の場合は男性に電話を代わってもらうことが効果的です。家族に男性がいる場合は、まず試してみてください。それでもなお、相手が引き下がらないときは、警察に相談するとか弁護士に相談すると伝えてみるのもひとつの方法です。

しつこい勧誘電話は、皆さんにとっては迷惑行為でしかないでしょう。たとえば、勧誘電話の記録をしっかり取っておくことは、相談もしやすくなるのでおすすめです。ひとりで悩まずに、第三者にもどんどん相談してくださいね。

まとめ

まずは、電話勧誘を行う必要がある意味を、考えてみてください。経営が苦しいから、電話という手軽で効率が良く見える手段に頼らざるを得ないのでしょう。信頼ができて業績が良い企業は、自ら勧誘電話を掛けなくても利用者がたくさん寄ってくるものです。勧誘電話を掛けてくる会社は、ちょっと慎重になってください。けっして、電話の勧誘だけで購入などを即決しないでくださいね。

Recommend