Category : 騙されないために必要な知識

クレジットカード現金化を誘うサイト

クレジットカードのショッピング枠を現金化、なんていうネット広告をよく見かけませんか?ネット上にはこうした広告が表示されることが多く、規制もあるのか無いのかよくわかりません。個人企業や個人事業主の方ともなると、このご時世には資金繰りで四苦八苦なんていうこともありますよね。どうしてもお金に困り、消費者金融での借金もかさんできてついつい、クレカ現金化サイトに連絡をしてしまうと、とりかえしのつかないことになりかねませんよ。

ヤバそうだけどついお金に困って

ネットで「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠を現金化」と書かれたバナーやサイトを見かけたことはありませんか?情報を読んでみると、クレジットカードさえあれば現金が手に入るという話のようですが、どうもあやしいですよね。

まとまったお金が必要なときについ…

まとまったお金が必要なことがあると、人間誰しも冷静な判断力を失います。消費者金融から借金をして、売れるものも売り払い、あらゆる手を使って現金をかきあつめてもどうにもならないときもあります。

ネットに表示されるバナーにより、そんな人間の心のすきまに入り込む業者がいます。クレジットカード現金化とは、商品の購入に使えるショッピング枠を利用して業者が指定した商品を購入し、購入代金の一部を返金することで利用者に現金を渡す仕組みです。キャッシング枠が限度額に達している利用者でも現金が手に入るので、つい手を出してしまう人がいるようです。

業者に実際に行ってみると、クレジットカードで商品を買うことを求められます。指定の商品を買って、それを業者に渡します。形の上では業者が買い取りをしたということになりますが、キャッシュバック率が80%などという金額が設定されており、10000円のものを購入して8000円だけ渡されることになります。

つまり、10000円を払って8000円を買う、とでも言いましょうか、まったく割に合わないのです。しかし本当に少しでも現金がほしいという人にとってはのどから手が出るほどの現金が目の前にあると、つい手を伸ばしてしまうのでしょう、被害は後を絶たず消費者センターへの相談件数も増えており、消費者庁のクレカ現金化撲滅キャンペーンなども展開されているほどになりました。

しかしこうした被害を生み出すのはいまやネット広告です。家でPCの前にいる時間の長い方は手を出してしまわないように、なんでも手軽にできるインターネットの時代を悪用する人もいることを肝に銘じましょう。

Recommend