Category : 「わたしはこれでだまされた」被害者の声

善意につけこんだ詐欺に注意

人々の同情を誘い、お金を奪い取ろうとする募金詐欺というものがあるようです。ボランティアやチャリティ活動と称して寄付金を募りますが、本来の目的で使用されることはありません。架空の存在を作り上げるケースや、実際の災害に便乗するケースがあります。悪質な団体に騙されないように注意しましょう。

実は患者は存在しなかった「おさむちゃんを救う会」

「おさむちゃんを救う会」という団体が、東京都板橋区に住む鎌田治ちゃんの医療費を集める名目で寄付金を募っていました。団体の説明によると、おさむちゃんは2007年6月、生後3ヶ月で「拡張型心筋症」という難病を発症した子で、治すには渡米して移植手術を受けなければならず、費用には1億7000万円も必要とのことでした。しかし、これらの病気や経皮の説明は「あみちゃんを救う会」という団体の説明と酷似している上、おさむちゃんだとされていた赤ん坊の写真もFlickrにアップされていた別の女の子の写真であることが発覚します。入院しているとされていた埼玉医科大学にも該当の子供がいないことが確認されました。支援を受けているとして名前を使われた国際移植者組織トリオ・ジャパンは、本当に医療費が必要な募金団体の活動まで疑われてしまう可能性があると危機感を抱いています。

主要駅に現れるフィリピン募金

東京、新宿、渋谷、横浜、大阪、名古屋など都心の駅に現れるフィリピン募金にも注意が必要です。恵まれない子どもたちのために募金活動をしていると書かれたカードを見せられ、サインをするようにとノートを見せられます。そこには以前に募金した人のサインと1000円や2000円といった金額が書かれていて、見た人は自分もそれくらい入れたほうが良いのかと思ってしまいます。しかしこれは募金する人にプレッシャーをかけて高額入れさせようとする罠で、団体が自分たちで書いているものです。集めたお金で切符やジュースを買う姿が目撃されています。執拗に募金を呼びかけ、払う意志がないとわかると罵倒してくることもあるそうです。怪しい団体を見かけたら、近づかないように注意しましょう。

災害に乗じた義援金詐欺にも注意

災害に便乗してお金を集める詐欺もあります。被災地のためにと謳って募金を集めながら。被災地には届けません。大きな災害が起こるたびに義援金詐欺は発生しています。東日本大震災のときにも、義援金を集めていると言ってお金を振り込ませる、被災者だと偽り支援を求める、被災地に換金して送るからと言って不要な貴金属を回収していくなどさまざまな詐欺事件が発生しました。銀行や公的機関を名乗載ることが多く、うっかり信じてしまう危険があります。

きちんと活動している団体もたくさんありますが、中には詐欺の集団もあるのが現状です。寄付金を募る際は届出や許可無しで行うことができるので、詐欺が起こりやすいのが現状です。しかし、路上では本当か嘘か確認のしようがありません。信用のある機関の名前を名乗っていたとしても、振込先をよく見たら違っていたというケースもよくあります。疑問がある場合は路上で募金するのをやめておいた方がいいかもしれません。振込先が本当にその機関のものか、悪い噂がないかなどを確認してから振り込むと安心です。また、大手のコンビニに置いてある募金箱や市町村の募金も信用できるのでそちらを利用してみるのもいいかもしれません。

Recommend