Category : 「わたしはこれでだまされた」被害者の声

面接に張り切っていたら…

このご時世、不況ということもあり人一倍働かないと安心して生きていけません。より良い職業に就きたいと考えている人や、なんとか副収入を得ようという人はたくさんいますよね。ハローワークで相談したり求人情報誌を見るのも良いですが、どうしても時間がない人の情報源はやはりネットです。

みつけた情報が怪しい物ではない保証はない

忙しい毎日の中で、新たな職業や副業を探すとなると、なかなか時間がなくむずかしいです。しかし移動中などにスマホでネットが見られる環境にある方にとっては、ネットに表示される求人広告は気になるものです。忙しいため深くは見ることができず、ついついキャッチコピーに惹かれて簡単に応募してしまうと、嫌な思いをするときもあります。

真剣に仕事を求める人をおとしめる業者がいます。

ネット上には真剣に職を求めている人をおとしめるような罠がたくさんあります。自宅で仕事をしたい、という方にとってよく見かける求人に「データ入力」という仕事があります。求人サイトなどでそういったワードを入れておくと、なぜか自分のPCに「データ入力」関連の求人が表示されたりすることもあります。キーワードを読み取るアルゴリズムで広告を表示するやり方です。

確かに「データ入力」というと自宅でPCを使いながら音楽を聴いたりしながらできそうな印象ですので、気軽に応募してしまうかもしれませんが、中には悪質な業者もいると聞きます。

応募すると、指定の日時に電話面接をおこないます、という通知がメールできます。直接会いにいかなくて良いのかな?と疑問に思いますが、電話で済むならむしろ助かるな~なんて思ってしまうものです。電話に出てみると、なんとなく言葉の使い方も上手ではない人間が相手の場合もあります。要はちゃんと社員教育されていないような、礼儀を知らない若者です。

そんな相手に疑念を抱きながら色んな質問に答えていくと、最初はPCの機種や経験、どれくらいの速度でどれくらいの文字を打てるか、などいうスキル的な話をしてきますので、なんとなく徐々に安心感が出てきます。しかしこれは相手を安心させるための手段にほかなりません。

こちらが、やる気になってきていることを察知すると、いよいよ本性を現してきます。「実はこの仕事をする上で、登録料が必要になります」と言ってきたら、即断りましょう。「もちろん毎月必ず仕事はありますので、充分元は取れます」などと甘い誘惑をしてきますが、一切信じてはいけません。速攻で電話を切りましょう。

面接を真面目にするつもりだった自分がはずかしくなるほど、馬鹿にした内容です。時間の無駄以外の何物でもありませんので、「データ入力」の仕事はぜひ信頼できる求人誌やハローワークでみつけましょう。

Recommend