Category : 騙されないために必要な知識

友人を紹介で手数料が入る商売はあやしい

友人を紹介することで、1人につきいくらかの手数料が入るシステムがあります。いわゆる手数料を、収入としているタイプの商売ですね。皆さんのことを紹介するメリットは、ただひとつ。将来の顧客候補として、見込んでいるからなのです。

友情で近づいてくるのではないことを理解しよう

何かの拍子に、良い話があるからと近づいてくる人がいます。また、友人として今までは仲良くしていても、特定の分野に興味があるとわかった途端、良い商品やシステムがあるからなどとしつこく紹介をしてくる人もいるでしょう。

残念ながら、何かのシステムや商品をしつこく紹介してくる人は、皆さんのことを友人ではなく、もはや商売道具としてしか思っていません。なぜならば、皆さんを紹介することで、紹介者にはある程度の現金もしくは特典が手に入るようになっているからです。

紹介者からすれば、皆さんは札束に見えることもあるでしょう。お金を前にして、友情がかすんでしまう人も世の中には多いのです。お金のにおいがする話を持ちかけられたときは、友人であっても興味が無いことを伝えて断ってください。

紹介することを承諾すると個人情報が漏洩する

もしも、皆さんが紹介を断りきれないとしましょう。すると、相手は早速業者に皆さんの個人情報を伝えることでしょう。氏名や住所・電話番号などだけではなく個人の趣味や嗜好など、友人の口から業者に伝わっても良いならそれでかまいません。しかし、業者は皆さんの個人情報を喉から手が出るほど欲しがっていることに気が付いてください。

今は、個人情報の漏えいが大きな問題になっています。企業も、たとえば巷に売られている卒業名簿などから皆さんの個人情報を把握することは難しいことではありません。しかし、まったく接点の無いところからの情報源よりも、人を介して得たものは価値が高いのです。

なぜなら、今、生きている情報だからですね。名簿上の情報は古いので、入手しても役に立たないこともあるでしょう。また、名前や住所などの情報だけではその人が将来の顧客になりうるかの判断もできません。

紹介経由で得た個人情報ならば、信頼度も高いのです。しかも、紹介者には手数料が入るシステムである以上、きちんとした人物を紹介してくると考えることができます。あとから、変な人を紹介したから手数料を払うことができないと言われてしまったら、紹介者も困りますからね。

よくわからない話に友人だからと乗らないこと

友情は、ときに厄介な存在になります。友人だからと気を許したことで、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるのです。特に、お金が絡みそうな話は慎重になってください。むしろ、皆さんが断固として断ることが友人にとっても良い結果となるのです。

目先の手数料に飛びついて、友人を次々に紹介しているとそのうち誰も友人と呼べる人はいなくなってしまうでしょう。すると、孤独になります。手数料の金額は、友人を失うことを考えると非常に微々たるもの。業者に紹介したことで友情を失う方が、よっぽどいけません。

友人だからこそ、きっぱり断りましょう。友人だから、まあいいかという甘い考えは、友人もそして皆さん自身にもダメージにしかなりません。友情を悪用してお金儲けをたくらんでいる企業に騙されないためにも、きちんと意思表示をしてくださいね。

まとめ

友人を紹介していくらかの手数料が入るシステムは、悪いものばかりではありません。しかし、とにかく顧客の個人情報を収集して儲けたい業者に利用されることが無いようにしてください。友人であっても、きっぱりと断る意思表示をすることが大切です。もしも、断ることでダメになる友情なら仕方が無いのですからね。

Recommend