Category : 絶対稼げるマル秘情報にご注意!

ネオヒルズ族の問題点とは?

六本木ヒルズに本社を置く企業の代表たちや住宅棟に住む人たちのことをヒルズ族と呼んでいましたが、ネオヒルズ族とはアフィリエイトなどのインターネットを活用したビジネスで大金を稼いだ人たちのことを指します。彼らの多くは六本木ヒルズやミッドタウンなどの高級なタワーマンションに住んでいます。代表的な人物に与沢翼などがいます。

ネオヒルズ族の問題点

そんなネオヒルズ族ですが、批判が多いのも事実です。中でも問題になっているのが情報商材と呼ばれる高額な商材です。多くはアフィリエイトや投資のやり方などを稼げる方法を教えているものですが、中には5万円以上するものもあります。初心者でも稼げる、今しか手に入らない情報など過剰な言葉で煽られているため、高くても買ってしまう人が多いのだといいます。そして高額にも関わらず内容は無料で見られるものと大差ないことが多いため問題視されているのです。

入会費が高額な塾

情報商材以外にも高額塾で利益を出している場合もあります。入会費は何十万円もする上、徹底的にサポートすると謳っていても、実際にはおざなりにされることが多くなっています。高い金額を払っても、実際に稼げるようになる確率はほぼ0%です。また、一人紹介するごとに紹介料が入るなど、ネズミ講のような要素もあります。このようなネオヒルズ族のグレーな商法に対して疑問の声があがっています。

代表的なネオヒルズ族・与沢翼について

「秒速で1億稼ぐ」というフレーズで有名な与沢翼も、アフィリエイトなどで大金を稼いでいたうちの一人です。与沢翼は1982年埼玉県秩父に生まれました。実家は旅館で、子供の頃から身近に商売がある環境で育ちます。元暴走族でありながら早稲田大学に入学するなど異色の経歴を持ち、大学在学中にアパレルのネット通販会社「エスラグジュール」を設立したのを皮切りに、メンズファションの通販サイト「クレイズ」、後の株式会社フリーエージェントスタイルホールディングスとなるアフィリエイト会社「Rajuri」など、さまざまな会社を設立します。株式会社フリーエージェントスタイルホールディングスはアフィリエイト事業に参入してわずか1年弱で年50億もの利益を上げました。オフィスの内装は約1億5000万円、自宅はミッドタウン最上階に住み、ロールスロイス、フェラーリ、ヘントレーといった高級車を所有するなど、派手な生活を送ります。

しかし、2014年に自身のFacebookで資金が完全にショートしたと告白し、住宅や所有していた車なども売却したことを明かしました。破産の原因は法人税の未払いにあったようです。会社の法人税額を知ったとき、会社にそれほど残金が残っていなかったが、納税を超える売上を上げればなんとかなるという認識だったとFacebookの同じ記事で述べています。その後はシンガポールでデイトレーダー事業を行った後、ドバイへ移り住みました。

与沢翼の商法も、多くのネオヒルズ族と同じように情報商材、高額塾、メール商法などを中心としています。彼が教える内容は素人には実現不可能な事が多く含まれ、サポート体制もありません。このような状況から、詐欺ではないかという声も多く上がりました。与沢翼に限らず、ネオヒルズ族の多くは詐欺とは言い切れないまでもグレーな商法を行っているので、気をつけたほうが良いかもしれません。

Recommend