Category : 騙されないために必要な知識

むやみに登録するのはやめよう

インターネット上には危険がいっぱいです。ちまたにはびこる怪しいビジネスの誘いは、ネット環境の普及でますます増加する一方です。中にはしっかりした会社の体を装って個人情報を入力させる業者もいますので、油断して情報を与えてしまわないように気を付けましょう。

SOHOをねらう業者たち

SOHOで仕事をしている方たちの大半は終日PCの前に座っていることも多いはずです。そうなるとどうしても余計なことを考えてしまったり、ふと目にした広告などに気をとられてしまうことも多くなります。

求人情報にご注意

SOHOの求人情報を探しているときによく見るのが「仕事を依頼したい個人」と「仕事を請け負いたい法人や個人」を仲介してくれるサイトです。これは個人で仕事を探している人には大変役立つ場合もある反面、怪しいサイトもまれにありますのでご注意ください。

仕事を仲介するわけなので、とりあえず氏名・住所などの個人情報は相手に伝えなくても良いはずですが、いきなり詳細な個人情報を入力することを求めてくるところには充分気を付けましょう。むやみに個人情報を登録してしまうと、後々になって迷惑メールやDMが届くことになりかねません。

あまり仕事に慣れていないうちは、簡単な記事やコラム作成、アンケートなどといった比較的単純な仕事が多い、「タスク式」の案件を探してみると良いでしょう。あまり収入にはならないかもしれませんが、仕事が毎日あればスキルアップもしますしやりがいにもなります。

クライアントが募集している仕事内容、報酬をしっかり見て、自分ができる・やりたいと思うものがあったら応募してみましょう。最初から大きな仕事を提示して個人情報を登録させようとする求人情報よりは小さな仕事でも安全な方を選びましょう。

どうしても気になる、心配な業者は、ネット上に悪いうわさが広まることも早いものです。気になるときには、相手の素性を調べるようにしてみましょう。特に仕事先と仲介なしで直接仕事の取り引きをする場合などは、相手の企業名や屋号、依頼者名、住所、電話番号などをインターネットで検索してみましょう。

ホームページはいまや誰でも簡単に作れますから、法人の場合でもページがあるからといって安心はしていられません。いくつか検索の方法を工夫して、「会社名 依頼者名 詐欺」など、キーワードの間にスペースを入れて検索してみると出てくる場合もあります。 ネット上のおいしい仕事の情報にだまされて自分の時間とお金を無駄にしてしまわないように、充分気を付けるようにしましょうね。

Recommend