Category : 騙されないために必要な知識

個人情報は大事にしてる?いい加減な管理で痛い目を見る前にすべきこと

インターネットという仮想空間においては、情報を手軽にやりとりする機会が非常に多くなったといえます。例えば何かの申し込みの際であっても、住所氏名を簡単に送信できるようになっていますね。ゆえに、情報を送るという行為に抵抗感を感じなくなったかもしれません。

ですが、あなた自身の個人情報というのは、決して価値が低いというわけではありません。自分の情報の管理をいい加減にしていると、思わぬ痛い目をみることもあります。もしも個人情報を軽んじているというのなら、一度思い直しましょう。

個人情報が必要とされるケースを考える

インターネットで個人情報のやりとりが発生するタイミングというのは、主にサービス利用のために会員登録をしたり、ネット上でビジネスを行う場合だったりですね。こうしたケースであれば、安全性を十分確保していればさほど問題はないかもしれません。

問題は、悪用目的の人間が多い場所にて、気軽に情報を晒してしまうことです。例えば出会い系掲示板といったサイトでは、女性だと偽って男性を騙す悪徳業者も非常に多く存在しており、個人情報が収集されたら大変なことになるでしょう。

大量の迷惑メールも!?個人情報の悪用例について

どんな形であれ悪用する人間に情報が渡ってしまうと、同じような悪徳業者に共有されてしまうのは珍しい話ではありません。メールアドレスなどはかなり気軽にやりとりする人が多いですが、それは甘い考えです。

もしもメールアドレスが知られれば、迷惑メール業者から大量の連絡が入り出すでしょう。内容はさまざまですが、なぜかいきなり「返信してくれたら財産を渡す」とか、「有名なアイドルと出会える」など、美味しい話を偽るのが主なやり口です。

そのメール内貼られているアドレスを踏んだり、返信して会うことになったりすれば、あっという間に相手の思う壺となるでしょう。ウイルスに感染させられたり、現地に向かうと恐喝されたりすることもあります。

さらに重要な個人情報が漏れると目も当てられない

メールアドレスならまだ着信拒否にしたり、アドレスの変更で十分な対処ができたりするかもしれません。しかし電話番号や住所、顔写真などを悪用されると、どうなると思いますか?

なりすましを行われてしまい、あなたを偽って犯罪行為を実行したり、多額の借金を押し付けられたりすることもあり得ます。今は本人確認も厳しくなっていますが、漏れた情報によっては極めて危険性が高いでしょう。

「個人情報は財産」という人がいますが、それはあながち嘘でもありません。あなたの個人情報を全て入手できれば、あなたになりすますことも容易なのですから。

個人情報は信頼できる相手のみに教えよう!

インターネット環境があれば個人でビジネスも始められる時代なので、情報のやりとりというのはある程度は避けられません。それなら気をつけるべきことは、『個人情報は信用できる相手にしか教えない』という簡単なものですね。

理想としては、直接会って話したこともある人か、一度一緒に仕事をするなどして十分信頼できる人にだけ教えましょう。不特定多数がみられる場所に掲載していると、いつか足元をすくわれます。

Recommend