Category : 絶対稼げるマル秘情報にご注意!

転売ビジネスは合法?

ネットオークションなどを利用して商品を転売するビジネスがあります。例外はありますが多くの商品は転売が合法となっています。しかし転売ビジネスでは気づかないうちに違法行為を犯す場合も多く、逮捕されることもあるので注意が必要です。

転売にアマゾンを利用する時の注意

アマゾンで商品を買うときはクレジットカードを使っている人が多いと思いますが、実は転売でのクレジットカードの使用は違反である可能性が高いです。理由は多くのカード会社で換金を目的とするカードの利用を禁じているから。もし発覚すればカードの利用停止に加え、信用情報機関に情報が残って今後のカードやローンの審査に悪影響を及ぼすことがあります。仕入れに使うときはカードの使用を控えたほうが良いかもしれません。

また、アマゾンには無在庫販売をしてはいけないというルールもあります。無在庫販売とは商品がないうちから出品し、購入されてから仕入れるというものです。商品を仕入れる前に購入されることになるので、損する心配がないのがメリットですが、アマゾン側にわかってしまうとアカウント停止されるリスクがあります。また、購入が決まったにも関わらず予定通り商品を入手できない可能性もあるので少々危険な方法です。

逆にアマゾンを仕入先として利用する場合も注意が必要です。転売ビジネスの中には、海外のアマゾンを利用して売れそうな商品を探し転売するという手法があります。他のネット通販サイトで購入したにも関わらず、アマゾンから商品が届くことがありますが、アマゾン転売が行われている可能性が高いです。このやり方には、商品に問題があった場合の保証はどうするのかなどの問題があります。最近ではアマゾン転売を禁止するサイトも出てきています。

チケットの転売は違法

チケットの転売は禁止されていますが、転売目的でアイドルやミュージシャンのチケットを購入して高値で売りさばく人たちのことをダフ屋といいます。なぜ違法なのかというと、定価で買えるはずのチケットを高値で買わなければならなくなる人が出てくるからです。

アイドルのコンサートチケットを大量に購入し1.6倍の値段で販売していた女性が逮捕されるという事件も起こっています。ただ、行くつもりで買ったチケットを常識的な値段で販売する分には違法にならないようです。急な用事でいけなくなってしまった場合に売り渡すことは問題ありません。

病院でもらえる薬を他人に売るのは違法

病院で処方された薬を他の人に売るのは違法です。しかし向精神薬や睡眠薬などの病院で処方される以上の量が欲しいという人の多い薬は、頻繁に転売が行われているようです。医療費が無料になる生活保護受給者や、一部公費負担される母子家庭で薬を購入して高く売りさばくという悪質なケースもあります。発覚したら逮捕されるので、薬の転売は避けましょう。

また、海外からの個人輸入する際も注意してください。外国で受けた薬物治療を継続するため、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合に配慮して、個人で使う薬を輸入することは許されていますが、それ以外は違法です。例えばEDの人が使用するバイアグラなどもネット上で売られていることがありますが、自分で使用する目的以外でバイアグラを個人輸入することは禁止されています。薬を転売しないことはもちろん、自分で購入するとき個人からは買わないようにしましょう。

Recommend