Business FAQ

HOME > 被害者の声 > SNSでの意外な再会

waku
SNSでの被害

「わたしはこれでだまされた」被害者の声

SNSでの意外な再会

最近の悪徳商法は様々なところからやってきます。訪問販売はわかりやすく怪しいので皆さんすぐ気づくと思いますが、SNSではどうでしょう?しかもそれが、昔の知り合いだったりしたら・・・
ここからはAさん(41歳 会社員)の実体験を聞かせてもらいましょう。

Line

久しぶりの同級生

「高校を卒業して以来、一度も顔を合わさずにいた女友達のBさんから、SNSで友人申請が来たときには驚きました。まさか僕のことを覚えていてくれたなんて。僕自身、高校時代にはBさんに多少の憧れも抱いていたので、ちょっぴり変な期待すら持ってしまったのです。

SNS上で、コメントのやりとりなどをちょくちょくしていました。妻はそのSNSには参加していないので、ばれようがありません。ちょっとだけ浮気心が働いたのか、Bさんとのやり取りはときめくものでした。」

いいところを見せようと

「あるとき、いつもはコメントでしか会話をしないBさんから突然、直接メッセージをもらいました。どうしたんだろうとのぞいてみると、なんとデートのお誘い。数年前からED気味で、妻との営みもご無沙汰な僕ですが、この時ばかりはさすがに張り切りました。早速クリニックに行ってED治療薬も用意して、準備万端でのぞみました。

デート当日は、一張羅のジャケットを羽織り、意気揚々と出かけました。待ち合わせの喫茶店居着くと、彼女が先に席に座っていました。SNSで写真はよく見ていましたが、実物の彼女はもっと素敵で、思わず息をのみました。

しばらく談笑していると、彼女が不意に『A君にしか頼めないことがある』と言い出しました。それは、彼女が現在セールスをしている、投資用マンションの勧誘でした。
かなり大きな出費となるな、とも思いましたが、これで彼女の役に立てるなら、と思いその場で即決をしました。彼女の喜ぶ顔が見られて、その時は本当に満足でした。」

気づけばお金を取られていた

「お金を振り込んでから数日間は、彼女とSNSでメッセージのやり取りをしていました。すべてたわいもないことばかりです。ですが、彼女との距離が縮まっていると考えた僕は、デートの誘いをしました。
それっきり彼女からの連絡は途絶えたままです。彼女はSNSを退会し、今も連絡は付きません。振り込んだお金も、今は何に使われていることやら。僕のスケベ心が招いた事態なので、妻にも警察にも言えず、途方に暮れています・・・」

現在の詐欺は、SNSなども利用してきます。Aさんのようにならないためには、日頃からSNS上の軽いつきあいでなく、しっかりとした人間関係を気づいておくことが必要と言えるでしょう。
【拡散希望】mixi等SNSで拡大する詐欺ビジネスの実態 - NAVER まとめ

home