Category : 「わたしはこれでだまされた」被害者の声

初期費用はすぐに取り戻せると思って

ネット上には、主婦でも簡単に出来ると書かれた仕事がたくさんあります。その中でも今回は、Webライターに応募したCさん(36歳 主婦)のお話を伺ってみましょう。

専業主婦の挑戦

「普段は専業主婦をしています。子供も、手がかからなくなってきたので、ある程度私にも余裕が出来ました。家でのんびり、家事をこなしながら、テレビを見たり、お菓子を食べたり。『このままではいけない!』と思い一念発起。在宅でのお仕事を始めようと考えました。

インターネットで見つけた、Webライティングの仕事に興味を持ち、早速応募をしてみました。テストライトや、個人情報などを登録すると、いよいよ仕事が始まる、と思いきや、思わぬ罠が潜んでいました。」

マニュアルが意外に高く・・・

「その会社は、ライティングの腕がいまいちでも、専門のマニュアルがあるので、誰でもすぐに文章の基礎が身につく、ということでした。当然、そのマニュアルは無料で貸し出してもらえるのかと思ったら、そうではありませんでした。

会社が言うには、外には決して漏らしては行けない最重要ノウハウなので、ある程度の保険をかけたい、とのことでした。費用はなんと49,800円でした。」

最後は結局マイナス40800円

「『初期費用はそこそこかかっても、仕事を覚えればすぐに取り返せます』と、サイトには書かれていました。49,800は正直、予想以上の金額でしたのでとても不安でしたが、2ヶ月程度の我慢だと思えば納得できました。お金を振り込み、マニュアルの到着をワクワクしながら待っていました。

その3ヶ月後、会社は業務を縮小するとのことで、私たちライターへの委託契約を終了しました。私がこの3ヶ月で稼げたお金はたったの9千円です。一生懸命やったのですが、中々スピードが出ず、一日ひと記事程度しか書けませんでした。

マニュアルの件は、結局泣き寝入りとなりました。会社側の言い分としては、ノウハウを売っただけ、とのことでした。 最初から、甘く考えていた自分もよくないとは思いますが、さすがにトータルで-40800円はこたえました。今後はもっとしっかりとした仕事を探したい、と思っています」

Webライターの仕事で、初期費用がここまでかかるものは怪しいと言えます。本来、マニュアルなどはデータで簡単に送れますから、お金は必要ありません。ちゃんとした仕事であるWebライティング業も、怪しい会社のせいで、一緒くたにされる傾向があります。

きちんと働いている人には、非常に迷惑ですよね?
初期費用がかかる在宅ワークは全て詐欺とみなした方が良いでしょうか? | SOHOのQ&A【OKWave】

Recommend